セミナー開催のお知らせ

新サービス・商品開発の基本プロセス セミナーの開催 

参加申込の締め切り 11月23日

タイトル新サービス・商品開発の基本プロセス
日時令和3年12月8日(水) 10:00~17:00(昼休憩12:00~13:00)
会場沖縄市商工会議所  沖縄市中央4丁目15−20 (中会議室)
定員20名 (最少催行人数6名)
参加費用受講料:3,300円(税込)※1名あたり
お問合せ主催:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構沖縄支部
ポリテクセンター沖縄 (生産性向上人材育成支援センター)
お問い合わせ/TEL : 098-921-7315 FAX : 098-936-5738
注意事項※1 個人での受講はできません。企業(事業主)からの指示による申込みに限ります。
※2 応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。
※3 応募締切時点の応募者が6名を下回る場合は、コースを中止又は延期させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
※4 訓練実施状況の確認等のため、訓練中に写真撮影を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。
参加方法セミナーチラシをポリテクセンター沖縄へ期限までにFAX、FAXが難しい方はセンターまでお電話ください。チラシをダウンロードの上、中身を確認後にFAXしてください。<<チラシをダウンロード保存

こんな方におススメ

  • 単純作業に時間がかかっヒット商品の考え方、アイディアの出し方が分かり、熟れる商品作りを基礎から学びたい方。
  • サービス、商品づくりの基本プロセスを習得したい。
  • 低価格、利益率が低い状況から脱却して、高単価・高利益の商品を販売するノウハウをマスターしたい。
  • 商品企画でクリエイティブな発想の源泉を創る、ブレインストーミング・ワークショップを体験して、社内会議に応用したい。
  • ビジネスモデル・ジェネレーションを活用したワークショップに興味がある。
  • 社内の企画担当者、商品・サービス部門の責任者は特にお薦めです。
avatar
ヒット商品・売れ続けるための商品開発マーケテイング!基礎的なことからすぐ出来る実践編まで贅沢な内用です。

新たなスタートを共にしませんか?

新サービス・商品開発の基本プロセス セミナー目次

セミナー内容の詳細

1.新商品開発プロセス

ヒット商品の考え方を生み出すために必要な3つのポイント!

新商品開発におけるヒット商品と一口に言っても、ヒットの仕方にはさまざまな種類がある。そのヒット商品の考え方を生み出すために必要な定義や要素を説明します。ヒット商品を生み出すことは企業のゴールにも直結する大事な要素です。

7stepの新製品開発プロセス 

新製品開発を成功させるには、一つ一つのプロセスを戦略的に行う必要があります。新製品開発のプロセスを7つのステップに分けて説明します。

2.売れる新商品に向けた企画手順

ヒット商品開発に必須なコンセプト調査方法

ヒット商品を生み出す為の具体的な事例をあげながら、新商品開発に欠かせないコ
ンセプトの考え方や調査手法をご紹介します。大ヒット商品に学ぶ商品を売る秘訣と新商品開発プロセスの解説。

商品企画でクリエイティブ発想の源泉を創るブレインストーミング【演習】

複数人で実施する想定外のアイデアやクリエイティブな発想の源泉を創るアイデア
創出会議のグループワーク手法です。ブレインストーミング(ブレスト)ではアイデアを、他者の考えと共有したりひとつのアイデアから連鎖反応が起きたりします。
では考えつかないアイデアを効率的に早く提案できるのは、ブレインストーミングのもたらす効果でしょう。

3.新商品企画とコストの検討

新ビジネスや商品を生み出すビジネスモデル・キャンバスフレームワーク

商品開発やビジネス現場で役立つフレームワークの導入方法について説明します。世界標準フレームワークのBMGを使った事例と図解による新サービスの成功モデル設計方法を解説します。

ビジネスモデル・ジェネレーションを活用したワークショップ演習【演習】

  • キャンバス作成の演習:客観的に欠けるよく知っているビジネスを書こう!
  • 雛形を元にしたファーストキャンバスのフレームワークを描く
  • 価値提案を見極める顧客共感マップを活用したキャンバス改善手法
  • 共感マップとは、ペルソナが置かれている状況や感情を深く理解するために使われるフレームワークです。6つの基本要素から作り方まで詳しく解説します。

事業収入による利益見込みとマネジメントコストの検討

顧客と価値を結ぶ収入モデルの検討します。また、変動費と固定費からなるコスト構造の把握により収益構造を視覚化します。

ビジネスモデル・ジェネレーションの発表とまとめ【演習】

ビジネス・キャンバスを描くことが出来たら、それを基に発表をする。ビジネスモデルを視覚化したビジネスデザインの重要性を気づき、ビジネスビジョンと課題を認識する。


参加者募集用のセミナーチラシ

開催場所

担当講師の簡易プロフィール

講 師:比嘉 豊太
企業に向けて幅広いマーケティング戦略の支援や、営業・販売員の管理者育成などを20年以上実施し、累計1000名以上の受講者に対して、独自の研修プログラムを提供。生産性向上のしくみを構築することで、社員満足・顧客満足度の向上を図り、企業発展へと貢献している。今回の研修では、課題解決に向け、様々な手法を使って生産性向上へと導いていく。