弊社は、中小企業庁が実施しています「中小企業デジタル化応援隊事業」プロジェクトに登録認可されました。一部の国の補助を利用して、中小企業のIT化を専門家がサポートします。コロナ過こそ、デジタル化を強化して、生産性向上を目指したい企業様を10社程募集します。こちらは、補助金ではないので、正しく申請を済ませれば、事務局にて審査はあるものの問題なければ採択されます。

中小企業デジタル化応援隊事業とは?

全国の中小企業・小規模事業者のさまざまな経営課題を解決する一助として、デジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させるため、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家を「中小企業デジタル化応援隊」として選定し、その活動を支援する取り組みです。

Web登録開始 2020年9月1日(火)からWeb登録開始
受付期間 2020年9月1日(火)〜2021年1月31日(日)
(支援事業実施期間 2020年9月1日(火)〜2021年2月28日(日))

※本事業のIT専門家による支援案件完了の期限が2021年2月28日までとなっておりますので、それまでにIT専門家登録〜中小企業との契約締結・支援活動完了を行っていただく必要がございます。

中小企業デジタル化応援隊事業のスキーム

中小企業デジタル化応援隊事業プロモーション動画

要件を満たす支援提供を行ったIT専門家に対して、最大3,500円/時間(税込)の謝金が事務局から支払われるため中小企業は通常の時間単価から上記金額( 最大3,500円/時間(税込) )を差し引いた金額でデジタル化推進のための支援を受けることができます。企業あたり計30万円までとなっています。
※企業側は、500円以上/時の負担が必要で、T専門家に対してお支払いします。 IT専門家の時間単価は、中小企業とIT専門家の契約により決定されます。 中小企業の実費負担が最低500円/時間(税込)以上あることが謝金支払の要件になっています。

例: 4,000円/時間単価(税込)のIT専門家と40時間の支援を内容とする準委任契約を締結した場合、中小企業の費用負担は500円(税込)×40時間=20,000円(税込)、専門家への謝金額は140,000円(税込)

詳しく話を聞きたい方

すぐに登録を済ませたい方へ

今直ぐにお問合せ下さい。詳細のお知らせ説明や登録相談に応じます。
期間限定の募集です。登録サポートを無料でサポートします。